おっさんの大雑把レシピ、定番の生姜焼き定食、自己満足の記事です

おっさんの大雑把な生姜焼きの作り方 大雑把レシピ

完全に自己満足のための記事です。料理を趣味にとお考えの方は参考がてらにどうぞ。

子供たちがしょっちゅうリクエストしてくるのが生姜焼き定食です。なぜか定食じゃないとダメなんだそうです。

写真はちょっとマズそうですが勘弁してください。料理の写真の撮り方は後々に勉強していきます

こちらは以前ある料理自慢の芸能人が紹介していた作り方を取り入れています。材料の分量はご家庭の事情に合わせて下さい。大雑把で大丈夫です。

スポンサーリンク

生姜焼き定食

おっさんの大雑把な生姜焼きの作り方

材料

大体の大雑把で(2人前)の分量です。ご家族に合わせて調整して下さい。

  • 生姜焼き用豚肉 8枚(豚肉ならなんでも合います)
  • タマネギ(中) 半分
  • キャベツ 適量
  • 生姜(チューブのしょうがでOK) 小さじ2くらい(お好みの量で)
  • にんにく(チューブのにんにくでOK) 小さじ1弱
  • 塩、コショウ 適量
  • めんつゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 料理酒 大さじ2
  • 砂糖 少々
  • 水 大さじ1

作り方

  1. しょうが、めんつゆ、みりん、料理酒、砂糖、水をよく混ぜておく。
  2. 豚肉は食べやすいサイズ、タマネギはざく切り、キャベツは千切り(ウチは太目の千切りです)これもご家庭の好みの切り方で大丈夫。
  3. フライパンにサラダ油(オリーブオイルでもOK)大さじ1程度とにんにくを入れて火をつけます(弱火)。
  4. にんにくの香りがしてきたら中火以上にして豚肉を一気に炒めます。色が変わってきたらタマネギを入れて軽く炒めて塩、コショウでうっすらと味付けします。
  5. 中火以下に火力を落として➀で混ぜておいたタレを絡めます。味見して薄いようならめんつゆか醤油、濃いようなら水で調整。
  6. ここからは好みになりますが濃い味にしたいならタレがなくなるまで煮詰めて、薄味なら少し煮込んだら豚肉とタマネギをタレと分けて下さい。
  7. お皿にキャベツをしいて盛り付けたら白飯とみそ汁、お新香をそえて完成。
豚肉はタレに付け込まずに焼いた後に絡めます。そうすると味の調整がしやすいです。

まとめ

味の好みは人それぞれです。作ってみてご家庭の味に合わなければ調味料の分量をかえて作ってみて下さい。砂糖のかわりに蜂蜜でも良いです。ウチは子供が蜂蜜の味が嫌いなので使ってません。タレの中に少々のお酢をいれるとサッパリめの生姜焼きになります。ちなみに所要時間は10分前後です。煮詰めても15分あればできちゃいます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました