スポンサーリンク

おっさんの大雑把レシピ、ガツガツ食うイカとタラコのスパゲッティ 

2018年11月10日

[temp id=2]
子供達がタラコが好きで、これもよくリクエストのあるメニューです。イカがない時にはしめじで作る時もあります。ウチではおしゃれなパスタではなくガツガツ食うスパゲッティです。

スポンサーリンク

イカとタラコのスパゲッティ

イカとタラコのスパゲッティ味付けにでワタを使います

材料(我が家4人分)

あいかわらず適当な分量です。うまく調整して下さい。

  • するめイカ 2杯
  • タラコ お好みで適量
  • 小松菜 2株
  • スパゲッティ 130g×4
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1(分量はお好みで)
  • オリーブオイル 大さじ4(多めの方がスパゲッティがくっつきません)
  • 生姜(チューブしょうがでOK) 少々
  • 醤油 少々
  • 塩、コショウ 適量

作り方

するめイカの下処理(皮は剥がさなくて大丈夫です)

  1. イカの胴体に指を入れて軟骨にそって胴体からワタを引きはがし、胴体と足(ワタも付いている)に分ける。
  2. 胴体に指を入れて軟骨を抜く。
  3. ワタと足(ゲソ)を包丁で切り分ける。ワタの入っている袋の根本部分(足との接合部ギリギリ)を切るように
  4. クチバシと目玉を取る。目の間に縦に包丁で切り込みを入れてクチバシと目玉をそれぞれ裏返すように押し出すと取りやすいです。
  5. 足(ゲソ)に付いている吸盤(ツブツブ)を包丁でこそぎ落とす。大雑把に表面をこそいで下さい。
  6. 胴体と足(ゲソ)に塩をふって表面をこすり洗い。大まかにヌメリが取れたら水で洗い流す。
  7. 胴体と足(ゲソ)は食べやすい大きさに切り分ける。ワタは袋から取り出す(味付けに使います)
  1. 小松菜を3cm位の大きさに切る。タラコは混ぜやすいように皮から出しておく。
  2. スパゲッティを茹でる。規定時間より1分短めに(後でフライパンで炒めるので、少し短めにした方が良いと思います)
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて火にかける。
  4. オリーブオイルが温まったら強火で小松菜を炒める(強火で一気に炒めるとキレイな緑色になります)
  5. 生姜とイカを入れて中火で炒める(イカは炒めすぎると固くなりますのでサッと色が変わる程度で)
  6. イカの色が変ったら醤油を少し垂らしてワタを入れて軽く炒める。
  7. 茹で上がったスパゲッティを入れて鶏ガラスープの素をかけて軽く炒める。塩、コショウはお好みで調整。
  8. 火を止めてタラコを入れてよく絡める。お皿に盛り付け一切れタラコをのせて完成。

まとめ

オリーブオイルは多めに入れてしまっても全然大丈夫です
私も最初入れすぎかと思ったのですが、テレビに出ていたイタリアの料理人は私の倍ちかい量のオリーブオイルを入れて2人前のパスタを作っていました。
あの芸能人みたいにスゴイ高いとこから振ってました。こってりが好きな方は最後にバターを絡めても良いかもしれません。ウチは和風好きが多いので醤油が多めです。辛い料理が好きな方は明太子でもいいと思います。

新鮮な魚介類ならコチラ

スポンサーリンク

こちらのサイトも運営中です。よろしければどうぞ!