テレビの音声をBluetoothで飛ばすトランスミッターを使ってみたら

「テレビの音声をBluetoothイヤホンで聞きたい」

いろいろ調べた結果辿り着いたのが、TaoTronicsのトランスミッターTT-BA09でした。

使ってみたら分かったことをレビューします。

スポンサーリンク

テレビの音声をBluetoothで飛ばしたい理由

まず、なぜテレビの音声をイヤホンで聞きたいのか。

理由は、

夜中にテレビが見たいから

よく見るのはスポーツやバラエティ。
家族が寝る頃から始まる番組が多いので、どうしても大きな音声で聞く事ができないからです。

今まではアナログのイヤホンで聞いてたんですが、やっぱり音がイマイチ。
さらに、コードがブラブラ邪魔くさい。

これまでは、

お金をかけてまで改善する必要なし!

と思ってました。

そんな時に、アナログイヤホンが断線。
理由は「踏んづけて引っ張ってしまった」から。

コード邪魔っ!
やっぱワイヤレス!

いろいろ調べて良さそうだったのが、こちらのTao TronicトランスミッターTT-BA09

トランスミッターTT-BA09

選んだ理由には「アマゾンで売れ筋1位」だった事もありますが、他にもこんな特徴に魅かれたからです。

TaoTronicsのトランスミッターTT-BA09の特徴

トランスミッターTT-BA09の特徴を抜粋します。
詳しく知りたい方は、公式サイトでご確認下さい。

TXモードとRXモード

TT-BA09側面モード切替スイッチ

モード切替スイッチ
端子切替スイッチ

Bluetoothデバイスに音声を飛ばすTXモード
Bluetoothデバイスからの通信を受けるRXモード

モードを切り切り替えることで、送信と受信どちらでも使えます

2台同時に繋げる

TXモードでは、同時に2つのイヤホンやスピーカーに音声を送信できます。

大きな音が出せない時に、二人で同じ音楽を楽しむ事ができます。

RXモードでは、同時に2台のパソコンやスマホからの通信を受信できます。

再生できるのは、どちらか1台のデバイスだけです。
片方のデバイスをOFFにすれば、もう片方のデバイスが再生されます。

Bluetooth5.0

Bluetooth5.0を採用。
消費電力を低減して、転送速度もより速くなっています。

APTX APTXーLL

Bluetoothイヤホンで聞く音質や速さは、コーデック(音声圧縮)の種類によって違いが出ます。

APTXAPTX-LLはより高音質で低遅延を実現したコーデックで、ゲームや動画での音声の遅延も最小限に抑えてくれます

光デジタル接続方式に対応

TT-BA09接続ポート

3.5mmオーディオポート
光ケーブル オーディオ入力
光ケーブル オーディオ出力
USB充電ポート

TT-BA09付属コード

USB充電ケーブル
光ケーブル
3.5mmオーディオケーブル
3.5mmメス→RCAオス変換ケーブル

光デジタルケーブルで機器との接続が出来ます。

アナログケーブルでの接続に比べ、より高品質・低遅延で音が安定して聞こえます。
音楽や映画鑑賞にも最適です。

大容量バッテリー

一度フル充電すると15時間の連続使用が出来ます。

過充電保護機能付きで、USBで充電しながら使う事も出来ます

トランスミッターTT-BA09を使ってみた

トランスミッターTT-BA09の良いところ

今日まで実際に使ってみて、便利に感じたところを紹介します。

音がきれい

今まで使っていたのがアナログイヤホン。
それと比べてるので当然かもしれませんが、圧倒的に音質が良くなりました。

テレビの音声も、気になるような音の遅延は感じません

テレビのスピーカーとBluetoothイヤホンで、別々に音量を調節できる

光ケーブルで接続するのが条件となりますが、テレビのスピーカーとBluetoothイヤホン両方から音声を聞く事ができます。

何より便利なのが、テレビとBluetoothで別々に音量調節が可能

テレビの近くにいる人は、テレビのスピーカーの音声で聞く。
テレビから離れている人は、Bluetoothスピーカーやイヤホンで音声を大きくして聞く事ができます。

テレビとは別のスピーカーだけで音を聞きたい時は、テレビの音量をゼロにすればBluetoothデバイスだけから音声が聞こえます。

音が出るデバイスと音量の調節、それぞれで独立しているのはとても便利です。

イマイチなところ

ペアリングの時間にムラ

トランスミッターTT-BA09は、電源を切ってもBluetoothデバイスとのペアリングを記憶しています。
TXモードとRXモードを切り替えると、ペアリングの記憶が消去されます。

トランスミッターとBluetoothイヤホンの電源ONでペアリングが始まります。

そのペアリングの時間が、10秒ほどで終わる時もあれば1分以上かかる時もあります。

他の機器(スマホなど)とBluetoothイヤホンのペアリングで、この症状が発生したことはありません。
速いものは常に速く、遅いものは常に遅いままです。

我が家の環境の可能性もありますが、いちいちペアリング時間が変わるのはちょっぴりストレスを感じます。

同時使用すると音の響きが強い

テレビとBluetoothイヤホンの両方で音声を聞いていると、ステレオ効果もあって音が響いて聞こえます。
音の響きが強すぎて、音声そのものが聞き取りにくくなります

テレビのスピーカーとBluetoothイヤホンを一緒に使う時は、テレビの音量や距離に注意しながら使ってます。

まとめ

購入からほぼ毎日使っています。
音が飛ぶこともなく、気になるような遅延も感じてません。

我が家では、送信のTXモードで使う事を前提に検討しました。
そのため、受信のRXモードに関しての評価は「使えればいいか」程度です。

それでもトランスミッターTT-BA09は好印象です。

満足してます。

夜中のテレビの音量にお悩みの方。
我が家のように、トランスミッターTT-BA09で問題解決するかも。

コメント

  1. いつも拝見させてもらっております。今回も参考になりました。ありがとうございます。

    • こんばんは!なぎささん。
      趣味の延長のブログですが、少しでもお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました