アイリスオーヤマの電気圧力鍋を使って感じた簡単便利なところ

アイリスオーヤマというと、スチールラックや収納ケースのイメージでした。
それが今では、家電製品でも一大勢力になってます。

アイリスオーヤマの家電の印象は、便利機能がついてるのに安い。
我が家でも電気圧力鍋を使ってます。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマの電気圧力鍋

圧力鍋と言えば、密封した鍋を加熱することで圧力を高くして、短時間で料理が作れる便利な調理道具です。

圧力鍋は直火で加熱する金属製の鍋が主でしたが、アイリスオーヤマの圧力鍋は電気で圧力調理します。
さらに圧力調理だけでなく、低温調理発酵も可能になってます。
そして普通の鍋のように加熱するだけでも使えます。

「直火で使う圧力鍋はちょっと怖い」と感じていた方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、簡単で便利な電気圧力鍋はおすすめです。

電気圧力鍋PC-MA2

我が家ではアイリスオーヤマの電気圧力鍋PC-MA2を使っています。

アイリスオーヤマの電気圧力鍋PC-MA2

使い始めてそろそろ1年。
「良いところ」も「イマイチなところ」も見えてきました。

まずは電気圧力鍋PC-MA2の特徴から。

ボタンを押すだけでかんたん圧力調理

操作パネルには、6種類の自動メニュー6種類の手動メニューのボタンがあります。

電気圧力鍋PC-MA2の操作パネル

自動メニュー

内容は「白米」「カレー」「煮付け」「豚角煮」「おでん」「ケーキ」

食材と調味料をぶち込んで、メニューを選んでスイッチオン。
後はほったらかしとけば料理ができちゃいます

料理が完成したらアラームが鳴りますし、自動で保温モードになりますので冷める事もありません。

出来上がりまでの時間を予約できるタイマー調理も可能です。

手動メニュー

「圧力調理」「温度調理」「低温・発酵」「なべモード」「無水調理」「蒸し調理」

こちらは調理時間を変更したり、火力の調整をしたり出来ます。
使い慣れてきたら、こちらの機能もよく使うようになりました。

圧力調理ならお肉が簡単に柔らかくなり、煮物も短時間で味が染み込みます。
低温調理なら、鶏の胸肉も驚くほどしっとり仕上がります。

安心して使える

本体側面にはフタのロックが確認できるように🔓マークがついています。

フタを閉めたらロックマークを確認

さらに電源を入れた状態だと、フタを開けようとするとピーピーと音が鳴ります
誤ってフタがずれても音で知らせてくれる安心感があります。

電気圧力鍋PC-MA2を使って感じた良いところ

とにかくかんたん便利

何より便利なのが、火を使わないので調理スタートしたらほったらかし
キッチンを離れても大丈夫です。

夜に食材を仕込んでおいて、翌朝に完成するようにタイマー予約もできる。
出来たて朝ごはんが家族を迎えてくれます。

何時間も煮込んだような料理に

食材がとにかく柔らかくなり、味も染み込んでくれます

豚角煮なんか作ってみると、ホロホロやわらかジューシーな仕上がりになります。
かなり厚めに切った大根でも、やわらかく味しみしみの出来になります。

作り方が詳しく乗ってるレシピブックもついてきます。

電気圧力鍋のレシピブック

その通りに作れば、簡単に美味しい料理の完成です。

こちらはレシピブック通りに調理した手羽元の写真です。

電気圧力鍋PC-MA2で圧力調理した手羽元

分かり難いかも知れませんが、肉が骨から落ちそうなくらいホロホロにやわらかくなってます。

無水カレーやなべ料理も出来ちゃう、優れものの電気圧力鍋です。

分解できるのでお手入れ簡単

使用したらキレイにお手入れしておく。
道具を長持ちさせる秘訣です。

電気圧力鍋PC-MA2は「フタ」と「内なべ」が取り外せて、フタも部品ごとに分解できます。

分解したフタと内なべ

背面にある「蒸気水受け」も、簡単に取り外せて洗う事ができます。

お手入れも簡単にできます。

使って感じたイマイチなところ

直火に比べて時間が必要

電気圧力鍋なので、直火の圧力鍋より火力は劣ります。
料理完成までにそこそこ時間がかかります

時間に余裕をもって作りましょう。

サイズは小さめ

PC-MA2はサイズが2.2L
白米は3合まで炊けるサイズ感です。

お子様がまだ小さいご家庭なら不便はないと思いますが、4人分の料理を作るとなるとサイズが足りません。

お肉を圧力調理で仕込んで野菜等は別に調理するなど、使い方は工夫次第で何とでもなります。
ですが長く使うためにも、家族構成をふまえたサイズにするべきでしょう。

洗う時の注意点

分解できるので洗うのは簡単です。
ただし、小さな部品(圧力表示ピン)があります。

洗ってる最中、洗い終わった後に無くさないように要注意です。

まとめ

「フタをしっかり閉める」とか「調理中に調圧弁に触らない」など、直火の圧力鍋と同じように使用上の注意事項はいくつかあります。

それでも直火に比べれば、より簡単に圧力調理ができます

容量違いのモデルなど、電気圧力鍋のラインナップはいろいろ。

ご検討してみてはいかがでしょう。


コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました