男の大雑把料理、鶏肉とほうれん草のマヨ炒め

大雑把レシピ

専業主夫になり料理する時間が増えました。

凝ったものも作ってますが、基本的にはサッと作れるものばかり。
なにより自分の酒の肴になるものばかり。

マヨネーズと醤油の焦げた香りが食欲をそそる一品です。

完全に自己満足のための記事です。料理を趣味にとお考えの方は参考がてらにどうぞ。

鶏肉とほうれん草のマヨ炒め

鶏肉とほうれん草のマヨ炒め

材料

(我が家4人分の大雑把な分量です。ご家庭の味の好みに合わせて調節して下さい。)

  • 鶏もも肉 2枚
  • ほうれん草 3株
  • レタス 3枚
  • チューブ生姜 適量
  • 料理酒 大さじ 3
  • マヨネーズ 適量
  • 醤油 小さじ 1
  • 塩コショウ 適量  

作り方

  1. 鶏もも肉ほうれん草レタスを食べやすい大きさに切る。
  2. フライパンに鶏もも肉皮を下にして入れる。
  3. 中火~強火で皮面を焼く(焦げ目はつけてもつけなくてもOK)
  4. 皮面が焼けたら鶏肉をひっくり返して料理酒をかけてフタをする(酒蒸しにする)
  5. 鶏肉が通ったらチューブ生姜、マヨネーズを入れてまぜながら炒める。
  6. ほうれん草レタスを入れて塩コショウして炒める。
  7. を止めてから醤油をかけてまぜ合わせれば完成。

まとめ

鶏肉の皮から脂がでますので、フライパンに油をひかなくても大丈夫です。
脂が多く感じたらキッチンペーパーなどで取り除いて下さい。

鶏肉は酒蒸しにすることで、柔らかく食べやすくなります。
パサパサ感じるむね肉でも柔らかく、しっとり感もでます。

ほうれん草は強火で一気に炒めた方が緑色が鮮やかになります。

醤油は具材を端によせてフライパンの底に直接落とした方が、醤油の焦げた香りがついていい感じになります。

酒飲みのつまみでした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました