グループステージ観戦記その5、エムバペの圧倒的スピードの勝利

フランスVSデンマークとベルギーVSモロッコの観戦記です。

フランスはエムバペが圧巻のプレーを見せます。

モロッコの守備力の高さにベルギーは何もできませんでした。

グループステージ観戦記その5

フランスVSデンマーク

まずは両チームともセーフティーな入り方をします。
どちらも攻めてはいましたが、徐々にフランスがエンジンをかけてきます。

フランスの攻撃に厚みが増し、デンマークは体を張ってしのぐ展開に。

しかし前半は決定的なシーンなく終わります。

後半に入りゲームが動きます。

これまで決定機を逃していたフランス。
先制点はエムバペのスピードでもぎとります。

ハーフウェイラインあたりからの単独走。

とにかく速い!

デンマークDFは追いかけるのがやっと。

フランスが待望の得点。
優勢にゲームを進めるかと思ったらデンマークも負けません。

エリクセンのコーナーキックからヘディングでゴール。
フランスに追いつきます。

この後デンマークも勢いづき、いい形のシュートが見られるようになります。

フランスは押し込んでますがゴールが遠い。
波状攻撃も得点には至りません。

フランス待望の追加点はまたもこの人、エムバペ。

右からのクロスを押し込み2点目。
これもスピードが生み出したゴールでした。

これが決勝点となり2-1
フランスの勝利となります。

デンマークは頼みのエリクセンが機能しませんでした。
守備の時間が長かったことも関係してると思います。

フランスは攻撃しても点が取れない展開。
しかし、エムバペが一人で打開しちゃいました。

1点目は単独走から。
2点目は飛び込んで。

どちらも圧倒的なスピードの勝利でした。
エムバペには得点力、テクニックもあります。

まさに今のサッカーの主流、縦に速いを体現できる選手です。

何はともあれ、フランスは早々に決勝トーナメント進出を決めます。

ベルギーVSモロッコ

FIFAランキング2位でタレントぞろいのベルギー。
ヨーロッパ予選も順当に勝ち上がってます。
前節もカナダに勝ってます。

しかし今回のワールドカップは、強豪国が苦戦するシーンが目立ちます。

ベルギーも例外ではありませんでした。

ベルギーとモロッコ、どちらもいい攻撃を見せますがベルギーが押し気味の前半。
モロッコは守備の連係がよく、ベルギーにゴールを割らせません。

モロッコは前半終了間際、FKでゴールネットを揺らします。
しかしこれはVARでオフサイド判定。

前半は0-0で折り返します。

後半に入ってもベルギー優勢でゲームは進みます。

ベルギーは選手交代。
10番アザールと18番オナナを下がらせます。

18番オナナはいい守備でモロッコを潰してました。

「えっ?代えちゃうの?」
素人ながら思っちゃいました。

この後、モロッコにゴールが生まれます。

左サイド角度のない所からのFK。

これが直接ゴールに入り先制。
ニアサイドに飛び込んだ選手がベルギーGKのブラインドになるファインプレーです。

しかもこの形は、前半終了間際の取り消されたFKとほぼ同じ状況。

ベルギーのDF陣は棒立ちでした。

モロッコはここから守備固めの5バック体制。
いい守備でリズムを作り、ベルギーにまともな攻撃をさせません。

デ・ブライネも仕事ができず目立ちません。

ベルギーは怪我の影響で大事を取っていたエース、ルカクを投入。

猛攻を仕掛けモロッコゴール前までいくのですがシュートが打てない。
モロッコの守備に跳ね返され続けます。

耐えに耐えたモロッコがカウンター。
ロスタイムにダメ押しの追加点を奪います。

そして試合終了。

0-2でモロッコが勝ち点3獲得です。

ベルギーは何というか単調な攻めばかり。
特にゴール前では正確性を欠いたボールが目立ちました。

モロッコはとにかく守備が良かった。
ベルギーの猛攻をことごとく跳ね返しました。

そして攻撃も縦に速い。
元々カウンター狙いだったのか、攻撃に転じたら一気にベルギーゴール前に攻め入ってました。

この結果でモロッコはグループステージ突破が見えてきました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました