グループステージ観戦記その6、ネイマール不在でも強かに勝利するブラジル

カメルーンVSセルビアとブラジルVSスイスの観戦記です。

ブラジルはネイマールがケガで欠場。

しかし優勝候補らしい強かさを見せます。

グループステージ観戦記その6

カメルーンVSセルビア

カメルーンの監督はソング。
リヴァプールを始めユーロッパの強豪クラブでプレー。
カメルーン代表のキャプテンも務めています。

セルビアの監督はストイコビッチ。
Jリーグの名古屋に所属したこともある、ピクシーの愛称で親しまれた世界的な名手です。

懐かしい顔ぶれ。

この一戦は派手なゲームとなりました。

まずはカメルーン。

セルビアのバックパスのミスからコーナーキックを獲得。
これをきっちり決めて先制します。

この後はセルビアは回しながら、カメルーンはカウンター主体にいい攻撃を見せます。

セルビアはファールで貰ったFKをヘッドで決めて同点。
直後に右サイドから中央へ送られたボールを決めて逆転に成功します。

そして前半終了。
前半はセルビアが攻勢で、カメルーンはカウンターで勝負といった感じでした。

後半に入りセルビアが追加点。
カメルーンのミスからボールを奪うと、ゴール前できれいなパスワーク。
カメルーンGKを揺さぶり得点します。

これで2点差、勝負ありか!

なんて思ってたところにカメルーンのカウンターが連発で決まります。

自陣から蹴りだしたボールを速攻で決める。
これを2回成功させ同点に追いつきます。

この2回のカウンター、
一見すると、どちらもオフサイドに見える状況でした。
しかしVARでオフサイドなしの判定。

このプレーから少し遠い位置にいたセルビアDFが、2回ともオフサイドラインを下げてしまっていました。

振り出しに戻したカメルーンは勢いも取り戻します。
果敢に攻めますがゴールには至らず。

このまま試合終了。
3-3のドローとなりました。

ブラジルVSスイス

チームでも個人でも攻撃力が高いブラジル。
屈指の守備力で定評のあるスイス。

ゲーム開始からしばらくは、両チームともパス回しから攻め手を探る展開。
しかしだんだんとブラジルが攻めスイスが守るという、戦前の予想通りの試合展開となります。

ブラジルはガンガン仕掛けていきますが決め手を欠きます。

ブラジル優勢で前半は終了。
後半戦に突入します。

いきなりスイスに決定機が。
右からのクロスがゴール前に。
しかしブラジルも体を張って守ります。

ブラジルはカウンターも使いスイスゴールに迫ります。
しかしゴールには至りません。

ブラジルはカウンターからGKをかわしてシュート。
ゴールネットを揺らしますがVARによりオフサイド判定。

オフサイド判定でしたが、この速攻はホント速かった!

両チームともになかなか得点が生まれません。

ブラジルはカウンター気味の速い攻撃を連発。
とうとうスイスゴールをこじ開けます。

スイスゴール左でドリブルから中央へパス。
ダイレクトで落としたボールをカゼミーロがボレー。

このシュートまでの流れはキレイでした!

待望の先制点はブラジルでした。

これがそのまま決勝点となり、1-0でブラジルの勝利。

ブラジルは猛攻も点が取れない時間が続きました。
しかし結局は勝ち切ります。
守備も堅く、スイスにシュートを打たせず跳ね返してました。

さすが毎大会優勝候補になるチーム。

強かの一言です。

スイスはいい攻撃もあり、カウンターも決まりゴール前に迫りました。
しかし最後の最後、シュートをまともに打つことができませんでした。

これでブラジルはグループステージ突破を決めました。

ネイマール温存で決勝トーナメントに向かえます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました