グループステージ観戦記その4、レバンドフスキが全得点に絡む活躍

オランダVSエクアドル、イングランドVSアメリカ、ポーランドVSサウジアラビアの観戦記です。

ポーランドのエース、レバンドフスキが全得点に絡み、GKシュチェスニーのスーパーセーブが飛び出します。

グループステージ観戦記その4

オランダVSエクアドル

オランダ、エクアドルとも勝ち点3で迎えた一戦。
終わってみればオランダはほとんど何もできず。
終始エクアドル優勢でゲームがすすみました。

先制点はオランダ。
相手のバックパスをかっさらってゴールに突き刺します。

しかしオランダの勇姿はここまで。

この後は試合終了までエクアドルがゲームを支配します。

後半に入りエクアドルが相手陣内でボールを奪いドリブルで進入。
シュートは弾かれますが、こぼれ球をきっちり押し込み同点とします。

その後もエクアドルの猛攻は続きます。
ドリブルにパスで崩してとオランダゴールに迫ります。
しかしポストに嫌われるシュートもあり無得点。

結果は1-1のドローとなりますが、試合内容はエクアドルの圧勝。

オランダはパスは回らずバックパスばかり。
シュートも2本しか打てず完全に抑え込まれました。

オランダはいいとこなしでしたが何とか勝ち点1を拾います。

イングランドVSアメリカ

試合後半からの感想です。

前半は寝落ちしてました・・・

イングランドは優勝候補の一角。
初戦も圧倒的な強さを見せました。

しかしこのゲームを見る限りでは、アメリカも負けない強さを見せてます。
守備では体を張り楽には打たせず、攻撃はカウンターからシュートで終わる形を見せてます。

イングランドも攻め込まれるシーンがありましたが体を張っての守備。
最後に波状攻撃を仕掛けますがゴールには届かず。

スコアレスドローでそれぞれ勝ち点1を得ます。

後半だけの評価ですが、なかなかの強さをアメリカが見せてくれました。
イングランド相手に押してる感じもあり、この後のゲームが期待できそうな内容です。

らしさは見せたイングランドですが最後の詰めがイマイチ。
優勝候補として、次戦はきっちり勝ってほしいです。

ポーランドVSサウジアラビア

結果は2-0でポーランドの勝利。
ですが結果とは逆に、ゲーム内容はサウジ優勢でした。

前から守備をしてボールを奪い、パス回しからゴールに迫ってます。
全員よく動いてポーランドに攻めさせませんでした。

ポーランドのパス回しは後ろで横パスばかり。
縦に出すとサウジがカットする展開が多かったです。

そして前半はイエロー連発。
サウジのコーチにまでイエローが出ています。

このゲームも荒れるか?

そして試合が動きます。

耐えに耐えていたポーランドが、GKから繋げてカウンターぎみにゴール前まで。
ポーランドのエース、レバンドフスキがサウジGKと1対1となりますが弾かれます。
しかしレバンドフスキが折り返したボールを押し込み先制します。

その後すぐポーランドが自陣ペナルティーエリア内で相手を倒しサウジがPK獲得。
このPK判定は流れの中でなくVARによる判定でした。

このPKをポーランドGK、シュチェスニーが弾きます。
こぼれたボールをサウジがシュートしますが、これもシュチェスニーがはじき出します。

チームを救うスーパーファインセーブ!

こういったスーパープレーがあり、優勢なチームがなかなか得点できない。
こんな時は得てして、流れが不利だったチームにチャンスが訪れます。

後半に入り、サウジDFのトラップミスをレバンドフスキがかっさらいます。
冷静に流し込んでポーランド追加点。

押しに押しても決めきれないサウジを突き放します。

このまま試合終了でポーランドが勝ち点3ゲットです。

あれだけ攻めて最後を決めきれなかったサウジアラビア。
少ないチャンスをものにしたポーランド。

ポーランドはGKシュチェスニーが気分よく次戦に入れそうです。

エースのレバンドフスキも1得点1アシスト。
結果を残してます。

今後の活躍が期待されます。

ちなみにこの後は

この後は日本の第二戦、VSコスタリカ。

スペインVSドイツ次第ですが、勝てばグループステージ突破の可能性もあります。

がんばれ日本!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました