スペインに逆転勝ちで日本はグループステージを一位で突破しちゃいました!

ドイツに続きスペインも撃破!

日本のグループステージ最終戦、VSスペインも逆転勝ち。

日本はグループステージを一位で突破しちゃいました。

日本のグループステージ最終戦 VSスペイン

前半は明らかに押し込まれてた日本。
スペインが日本陣内でボールを回しながら守備を崩しにかかります。

対する日本は5バックに中盤も4枚という守備陣形。
とにかく失点しないという戦い方を選びます。

しかしスペインの先制ゴール。
右クロスを7番モラタがヘディングで決めます。

その後もスペインがボールキープ。
日本は何とかゴールだけは守り抜いてます。

0-1のイヤ~な流れのまま後半に入ります。

後半から堂安と三笘を投入。
第一戦に続き、この二人がまたしてもやってくれました!

スペインGKからDFへのパスを伊東がヘッドで前に。
受けた堂安が少しカットインして豪快に左足!
弾丸シュートがGKの手をはじいてゴールを揺らします。

日本同点!

さらに右から堂安がゴール前にグラウンダーパス。
これが流れて左サイドゴールライン際に。
これをギリギリで三笘が折り返し、田中が押し込み2点目!

ついに日本は逆転に成功します。

まるでドイツ戦の再現です。

ラインを割ったと主張するスペイン。
VAR判定の結果、正式にゴールと認められます。

後の映像で見ても微妙なくらい、本当に僅かにボールがラインにタッチしてました!

その後も結局はスペインが圧倒的にボールキープ。
決定的なシュートもありました。

しかしこれを権田がファインセーブ!
日本のピンチを救います。

僅かしかない日本の攻撃。

そんな中でも左サイドでドリブル突破を狙う三笘。
スペインにも驚異となってます。

それでもボール支配率は圧倒的にスペイン。
しかしだんだんスペインの攻撃がトーンダウン。

そのまま試合終了。
2-1で日本が逆転勝利です。

個人的なMVP

まずは前田選手。
攻撃では目立ちませんでしたが、前線からの守備が効いてました。
とにかくよく動いてた。
あれは後ろの選手は助かります。

次に伊東選手。
「大したことしてない」と思う方もいるでしょう。
しかし攻撃的な選手が最終ラインで守備に徹する。

これって思ってる以上に難しくてしんどい仕事なんです。

しかも1点目は伊東選手の守備がきっかけです。

そして田中選手。
よく飛び込んでくれました。
あそこで取れなかったらどうなってたか。

ほんとに、よくぞ得点してくれました。

次は三笘選手。
今回のワールドカップでの日本の切り札でありエース。

ここまで、まともに止められたシーンはほぼ記憶になし。
ドリブルに入れば必ずチャンスを作ってます。

2点目も三笘選手の折り返しのおかげです。

しかし、個人的なMVPは、

堂安選手!

1点目のミドルシュート。

あれだけ豪快に決めてくれるとチームは波に乗ります。

こりゃ、イケる!

そう思った方も多いと思います。

チームに流れを引き寄せる点の取り方。
ドイツ戦でも同じことをしています。

次もお願いします!

グループEの決勝トーナメント進出チームは?

順位チーム勝点得点失点得失点
1日本6201431
2スペイン4111936
3ドイツ4111651
4コスタリカ3102311-8

一位通過は日本。
スペインとドイツがいるグループで一位通過。

誇っていい結果です。

二位通過はスペイン。
初戦の対コスタリカでの大量得点が活きました。

ドイツは最終戦に勝ち、何点取るかの勝負でした。
しかし結果論ですがあと5点以上は必要でした。
いくらドイツでも厳しいか・・・

コスタリカは日本に勝った以外はいいとこなし。
得失点差で見ても力不足は否めないでしょう。

何はともあれ、日本はグループステージ突破!

次は決勝トーナメント。
引き分けのない、負けたら終わりのノックアウトステージ。

何のことはない、勝てばいいだけ!

がんばれ日本!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました