FIFAワールドカップ カタール2022優勝はアルゼンチン

FIFAワールドカップ カタール2022のすべての試合が終了しました。

PK戦にまでもつれ込む壮絶な試合の結果、優勝はアルゼンチンとなりました。

メッシがついにワールドカップを手にしました。

FIFAワールドカップ カタール2022 優勝は 

アルゼンチンVSフランスとなった決勝戦。

最後まで何が起こっても不思議じゃない試合展開が続きました。

前半にアルゼンチンが2得点。
メッシがPKで1得点と2点目のカウンターの起点となるパス。
キレキレの動きです。

堅い守備をほこるアルゼンチンで決まりかと思いました。

しかし後半、フランスのエムバペがPKを含む2得点。
PKを蹴ってから約2分後にボレーでゴールという凄まじさです。

ここまでの主軸を交代させるデシャン監督。
選手交代が見事にハマった同点劇とも言えます。

2-2となり試合は延長戦に。

その延長後半、メッシが勝ち越しゴールを決めます。
しかし直後にまたしてもPKでエムバペの同点弾。

両チームのエースが「これでもか!」という活躍。

優勝はPK戦で決まる事になります。

結果は4-2

アルゼンチンがワールドカップ通算3度目の優勝を決めました。

しかし凄かったのはメッシとエムバペ。

まずはエムバペ。

決勝戦のフランスの全得点を決めるハットトリック達成。
前半はアルゼンチンの守備陣に消されていました。
しかし後半に入って凄まじいプレーを見せ続けました。

そしてメッシ。

プレーは相変わらずのキレと凄味でしたが、何より勝ちたい気持ちが凄かった。

あのメッシが守備でハードワークしてました。
それも一回や二回じゃなく、幾度も走って体を張った守備をしてました。

もはや伝説級の選手であるメッシ。

ついにワールドカップのタイトルも手にしました。

今後については分かりませんが、おそらくワールドカップでは見納めでしょう。

有終の美を飾ったメッシ。
激闘を見せてくれたアルゼンチンとフランスの両チーム。

スゲーもの見せてもらいました。

ありがとうございました。

第三位は

クロアチアVSモロッコとなった三位決定戦。
グループFのステージ初戦と同じカードとなりました。

開始早々に得点シーンが続き、最後までどっちに転ぶか分からない良いゲームになりました。

前半7分に変化をつけたフリーキックからクロアチアが先制弾。
直後の9分には同じくフリーキックからヘッドでモロッコが同点弾。

いきなり点の取り合いとなり、この後どうなる事かと思いました。

両チーム攻めて守って譲らない展開でしたが前半終了間際に動きます。
左サイドからGKの上を狙った技ありシュートでクロアチアがリードします。

これが決勝点となり2-1でクロアチアが第三位となりました。

しかし得点こそ生まれませんでしたが後半も締まったゲームで見ごたえありました。

しかし両チームともこれまでの連戦の疲れが見えます。
動きが重く感じられ、止まってしまったり倒れ込む選手が相次ぎました。

まさに総力戦で消耗戦です!

しかしモドリッチは37歳。
良く動いてます、凄いです。

試合後、判定に不服なのかモロッコの選手が審判に詰め寄ってました。

気持ちは分かりますが・・・

今回のワールドカップの個人的な総評

FIFAワールドカップ カタール2022トーナメント表

まずはアルゼンチンチームの皆様。
優勝おめでとうございます。

今大会の上位チームは守備力の高いチームが揃った気がします。

決勝こそ3失点してますが、それ以前のアルゼンチンの守りはしっかりしてました。
手こずったのは攻撃力の高いオランダ戦くらいでしょうか。
初戦のサウジアラビア戦は何だったんだ?ってくらいです。

フランス、クロアチア、モロッコにも同じことが言えます。
しっかり守ってから攻撃という印象があります。

攻撃に関しては「縦に速い」ができない事には世界で戦えないという印象です。

アルゼンチン、フランスともにカウンターの速さったらとんでもない。
特にフランスはエムバペ一人の速さだけで得点チャンスがゴロゴロ生まれます。

モロッコも速く巧いドリブラーが複数いました。
クロアチアはモドリッチ中心のパスワークでパンパン前にボールが動きました。

少し前はスペインのようなポゼッションサッカーで「パスワークで崩す」が主流でした。
しかし今大会ではすこし違いがありました。

圧倒的にボールを支配しているチームがカウンターでやられるシーンが目立ちました。

どんなにボール支配率が高くても得点しなきゃ勝てない。
得点するにも相手が守備を固める前じゃなきゃ奪えない。

攻撃では「縦に速い
守備では「シュートだけは打たせない

この形ができていたのがアルゼンチンとフランスなのでしょう。

個人ではやはりフランスのエムバペでしょう。

今大会8得点で得点王。
ワールドカップ通算12得点。

スピードは一流の中でも桁違い。
テクニック・得点力もずば抜けてる。

圧倒的な「個の力」を見せつけてくれました。

ワールドカップ2大会連続で活躍してますがまだ23歳。

これからどれだけの怪物になるのでしょう。

  • メッシ
  • クリスティアーノ・ロナウド
  • ネイマール

次はエムバペの時代になりそうです。

そして忘れてはいけないのが科学を取り入れた判定の進化。
VARでの判定やAIによるオフサイドの半自動判定。

助けられたり泣かされたり、物議を醸しだしたりといろんな声がありました。

個人的には白黒はっきりする方が分かりやすくていいと思います。

次回大会は2026年。
アメリカ、メキシコ、カナダの共同開催です。

今大会もそうでしたが、ワールドカップは名勝負ばかりで楽しすぎ!

次もワクワクしながら待ちたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました