つけ麺の超有名店!中華蕎麦とみ田のカップラーメンで昼飯

千葉県松戸市中華蕎麦とみ田美味い物

千葉県松戸市の超有名ラーメン店中華蕎麦とみ田のカップラーメンを食べてみました。

とみ田はいろんなタイプの商品を販売しています。
これまで生麺で鍋で作るタイプのラーメンやつけ麺、レンジでチンするタイプのラーメンは食べたことがありました。

お湯を注ぐだけのごくシンプルなカップラーメンでとみ田を再現
どれだけとみ田のラーメンに近づけているのでしょうか。

スポンサーリンク

中華蕎麦とみ田のカップラーメン

明星 銘店紀行 千葉・松戸
中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介の至宝

千葉松戸とみ田のカップラーメン
とみ田のカップラーメンの詳細

セブンプレミアムのコラボ商品です。
以前食べた六角家と同じ明星の銘店紀行のシリーズです。

ラーメン好きなら知らない人はいないであろう超有名店の中華蕎麦とみ田

もう何年前になりますか・・・それまでに出会わなかったタイプのつけ麺で、初めて食べた時は美味すぎて感動した記憶があります。
今では似たようなつけ麺をだすお店も増えました。

カップにも豚骨魚介の至宝と書かれていますが、豚骨魚介のドロッとしたスープでうどんのような太い麺を使ったつけ麺
このタイプのつけ麺を流行らせたのはとみ田なのではないでしょうか。

今は予約制になっているという話を聞きましたが、私が食べにいった頃は行列待ち3時間は当たり前という、どこかのアトラクションのような待ち時間の日ばかりでした。

とみ田のカップラーメン開封
とみ田の後入れ特製オイル


具材はチャーシューネギメンマナルト

銘店紀行のシリーズなのでチャーシューとネギは同じなのでしょう。

後入れ特製オイルが付いてくるのも同じです。

お湯を注いで5分待つのも同じ。


やはり同じシリーズなので基本的なつくりは共通なのでしょう。

となると何となく味も想像がついてしまいそうですが・・・

とみ田のカップラーメン完成
とみ田のカップラーメン麺リフト


やはり麺は六角家と同じだと思います。

スープも見た目は似ています。
ちょっとトロミがあるところも同じです。


違うところは香りです。

魚粉のような香りがうっすらして実際に食べてみると、魚粉のザラザラ感はあまりしませんが魚介系のスープの感じがきちんと出ています。


ノンフライの太麺はよくスープが絡んできますので、食べるとさらに魚介系だと感じられます。

感想

同じ銘店紀行のシリーズで具材や麺は共通点だらけなので、食べる前は味もほとんど一緒かなと思っていました。
スープのトロミは一緒でしたが、味に関しては違いがちゃんとありました。

豚骨というより魚介系の風味が前に出ているので、とみ田のラーメンっぽさがあることはあります。

ですがお湯を注ぐカップラーメンでは流石にこれが限界なのでしょう。
とみ田を再現というよりは「魚介系のカップラーメンで太麺ならばとみ田っぽいよね」といった印象です。

それでもカップラーメンとしては美味いです。
麺も食べ応えあり、具材も多く、スープも魚介風味で飲みやすい。

お薦めできる一杯です。

ごちそうさまでした。
美味かったです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました