キャンプに焼肉、おひとりさまで楽しむ人が増えてきています。

ひとりで行動する人が増えているようです。
大勢で楽しむことが多いカラオケや焼肉なども、ひとりで楽しむ人がかなりいるようです。

遊園地や水族館などのレジャー施設や海外旅行もひとりでなんて強者もいます。

私は社会人になった時からつい最近まで、ひとりで外回りが仕事のメインでした。
そのため昼飯は基本的にひとりで食べていました。

そのせいかは分かりませんが、ひとりでの行動にあまり抵抗はありません。
ですがカラオケや旅行はひとりで行ったことはありません。
ちょっと一杯くらいです。

おひとりさまでの楽しみ方も昔とはだいぶ違ってきています。

おひとりさまでの楽しみ方。

最近では女性もひとりでランチは珍しくもないですが、おじさんにはビックリするようなおひとりさまの楽しみ方があるようです。

ひとりキャンプ。
これはソロキャンプといわれますが、最近は女性でもソロキャンプにハマっている人が増えています。

みんな休日くらいは他人との煩わしい時間をさけて、ひとりでノンビリと自然の中で過ごしたいのかも知れません。

おひとりさま用のサービスも増えてきています。
飲食店は今後もおひとりさま専門店は増える傾向にあります。

ファミレスではおひとりさま席が作られた店舗が増えてきました。
焼肉、しゃぶしゃぶもおひとりさま専門のお店があります。
ラーメン店も一蘭の味集中カウンターは有名だと思います。

おじさん世代はおひとりで居酒屋でちょいと一杯はごく普通の事でしたが、現代はひとりめしの種類も多種多様です。

ちょっと羨ましい・・・

スポーツやレジャーもひとりで参加する人が増えているようです。
現場で知り合った人たちと意気投合して、その後もお付き合いが続く事もあるようです。

おひとりさまのいいところ

おひとりさまの一番のメリットは自由だという事でしょう。

時間も自由だし何を食べるのも自由。
いつ動こうが休もうが自由なので、誰かと予定や興味を合わせながら行動する必要がありません。

人に気兼ねなく好きな時に好きな事ができる
これは魅力的です。

そしてSNSの発展もおひとりさまの増加に影響を与えています。
SNSは自分の都合のいい時に誰かと接する事ができ、現実に目の前に人がいる訳ではないので変な気を遣う事もありません。

匿名性がある事でいつもとは違う自分を演出する事も出来ます。

SNSで繋がれば誰かが相手になってくれるし、いいね!もしてくれる。
あまりひとりでいる感覚は無いのかも知れません。

まとめ

今回いろいろ調べてみて思ったのは、お店もレジャーもおひとりさまにやさしい環境が整っているという事です。
そしてSNSでいつでも誰かと繋がれる

これだけ孤独を感じない環境では大人数で気を使いながらより、ひとりの自由を選ぶ人が増えるのも分かるような気がします。

ひとりでも寂しさを感じにくい環境ができつつあります。
おひとりさまも悪くないですが、現実の誰かとワチャワチャするのも楽しいものです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました