災害に備えた備蓄品の大切さと台風被害の経験談をあわせてご紹介

2019年の秋。
台風の被害が深刻な千葉県。

我が家の被害は、それ程ではありませんでした。
ですが、被害が大きかった親類が泊まりにきました。

実感しました。

災害を対岸の火事だと思ってはいけません

まだ災害を経験していない方、何もしていない方。

災害に備えた備蓄品は、今すぐにでも始めるべきです

災害に備える備蓄品のすすめ

私の住む地域は、比較的被害が少ない方でした。
それでも、コンビニの商品棚が空っぽな状況を目にしました。

台風だけでなく、地震も多いのが日本です。

道路が塞がれると、物資の供給が滞ってきます。

届かなくなってから騒いでも後の祭り。
何事も事前の備えが大切です。

体験して、実感しました。

自宅で生活するための災害備蓄品

いざ災害が起きた時に、自宅で生活して復旧を待つ状況と避難所に移動する状況では、大きな違いがあります。

災害備蓄品を備えるにあたって「自宅で復旧を待つ場合」は、どれくらいの備蓄品の備えが必要なのか。

よく見聞きするのが、3日間分の備えが必要といわれています。

他にも一週間分は備えたほうがよいという意見もあります。

まだ何の備えもしていない方は、まずは3日分を目安に備蓄品を備えていきましょう

そしてなるべく早いうちに、一週間分の備蓄をしておく事をお薦めします

水がないと人間は生きていけません。
水は飲料水と生活用水で、1日分一人当たり3リットルは必要といわれています。

3日分となれば一人当たり9リットル、一週間なら21リットルです。
用意しておくのは家族の人数分です。

個人的には、飲料水で3リットル用意しておくことをお薦めします。

こういった非常時は、思っている以上に飲み物が欲しくなります。

「トイレを流す」「体を拭く」など、生活用水としても水は使います。
生活用水用に日頃から、常に湯舟に水を溜めておくのも有効な備えです。

我が家ではあの日から常に、湯舟に水を溜めておくようにしています。

食料

食べ物も生きていくうえで、無くてはならないものです。
こちらも家族人数×3日分は最低ライン

できれば一週間分の非常食の備えがあれば、少しは安心して自宅待機する事ができます。

「加熱しなくても食べられる品」がベストです。
缶詰、野菜ジュース、お菓子などもあるといいです。

レトルト食品も良いものがありますが、最近の非常食は本当に美味しくなってます

赤ちゃんや小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、こどもの分だけでも食料は一週間分の備えをしてあげて下さい。

我が家も東日本大震災で経験しましたが、ミルクや離乳食は入手困難になる可能性が高いです。

まだ小さい子は、災害といってもよく分かりません

離乳食は食べ慣れているものを、常日頃から多めにストックしておけばOK

こどもには、どんな時でもお腹いっぱい食べさせてあげたいです。

水や食品、薬などには消費期限があります。
備蓄しておいて、ほったらかしは一番ダメです。
毎年一回は、災害備蓄品の確認をするようにしましょう。

イザという時に期限切れでは、何のための災害備蓄品なのか・・・

消費期限が近くなったら入れ替えして、常日頃から災害に対しての備えを忘れないようにしましょう。

病院や薬局も、災害時には被害にあいます

たどり着けたとしても、治療も何もできない状況かも知れません。

常備薬は重要になります。

風邪薬、胃腸薬、解熱剤など、日頃から備えておきましょう。
水なしで飲める薬があると安心です。

日用品

トイレットペーパー、ビニール袋、新聞紙、ラップ類、使い捨てカイロなど。

ベビー用品や乳児、介護用のオムツなども、供給困難になる商品です。

上記商品の品薄は、仕事の関係で東日本大震災の時に体験しました。

メーカーも被災していますので、安定して納品できない商品が幾つかありました。

ローリングストックで無理なく備蓄

食料品や日用品などは、普段から多めにストックしておきます。
消費期限が近づいたものから使っていき、減った分を補充して常に一定量の備蓄をしておく

ローリングストックと呼ばれる備蓄方法です。

日頃からストックを多めにしておく事で、無理なく備蓄を続けていく有効な方法になります。

その他備えておきたい物

懐中電灯(LEDランタン)

懐中電灯は、用意しているご家庭も多いと思います。
ですがLEDランタン(電池式か充電式)を用意しておくと、非常に助かります。

我が家は真夜中に停電しました。

エアコンが切れる音で目が覚めました。
カーテンを開けたら、街灯もすべて消えて真っ暗

何も見えない時に、枕元にLEDランタンを置いていたおかげで、すぐに明かりを灯すことができました

懐中電灯は直線の光ですが、LEDランタンは全体を明るくしてくれます。

真っ暗な中の明るい光は、ほんとにありがたかったです。

お薦めのLEDランタンは後程ご紹介します。

ラジオ

昔は災害時はテレビよりも、ラジオの方が情報が入りやすいと言われていました。

今はスマホがありますが、基地局に災害があるとスマホも通信困難になります。

ラジオを一台備えておいた方が安心です。

カセットコンロ

電気やガスが復旧していなくても、カセットコンロがあればお湯を沸かすことができます。

カップラーメンなど、温かい食事を食べることもできます。
災害時にお茶コーヒーなどがあると、かなり癒されます。

お薦めのLEDランタンカセットコンロについては、こちらの記事で紹介しています。

簡易トイレ

災害が起きると、断水や停電は起きるものと常に考えておくのが備えです。

断水が起きると、トイレに水が貯まりません。
水さえあれば、電気は無くてもトイレを流すことは可能です。

ですが復旧が何時になるか分からない状況では、トイレが詰まり使用できなくなる状況も多々あります。
水の使い過ぎも避けたい

そんな時のために簡易トイレを備えておくと助かります。
本格的なものから、ダンボールで簡単に作れるものまでいろいろあります。

我が家ではこどもが小さかった事もあり、東日本大震災の直後に購入しておきました。

バッテリー

我が家ではそれ程ではなかった、今回の台風による停電。

しかし私の実家では、4日間停電していました。

それ以上に停電してる地域も多数あります。

現代の暮らしでは、電気が使えないと不便で仕方ない。
オール電化の家も多いことでしょう。

ポータブルバッテリーは備えてあると便利です。

普段はキャンプや外遊びなど、アウトドアでしか使う用途はなさそうなイメージです。
これがいざ停電になると、ほとんどの家電製品が使えて、スマホの充電も出来る超便利アイテム

災害時に暑い日なら扇風機、寒い日なら電気ストーブも動かせます。

温かいお茶コーヒーなども、災害時には心が和みます

災害時だけではなく、停電は何時でも起こりえます

備えておいても損はないポータブルバッテリーです。
一時期品切れが続きましたが、今は比較的購入しやすいようです。

避難が必要な大規模災害に対する備え

「大規模な災害がいつ起こるのか」なんて誰にも分かりません。

大規模災害が起きた時は、まずは生き抜くことが最優先

自宅にもしもの事があった場合、避難所まで移動しなければなりません。

災害で街も被災しています。

歩くことも困難になっている状況も考えられます。

避難所まで、あれこれ持っていきたい気持ちは充分わかります。
ですが、持ちすぎて重くなってもフットワークが乱れます

  • 避難所まで移動できる、最低限の装備
  • 移動に厳しい状況も考え、最低3日間生き延びる備え

非常用の持ち出し用リュックは、一人にひとつ備えておきましょう。

最低3日は生き延びられるように考えられて、非常食や水や懐中電灯などがセットになっています。

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

まだの方はぜひご検討を

まとめ

我が家はキャンプをしている関係で、ランタンや寝袋、サランラップや簡易食品などアウトドア用品が揃っていました。

親類が避難で泊まりに来た今回、それらの品々が非常に役立ちました。

災害が起きてすぐには、救援物資は届きません

痛感しました。

日頃から少しずつでも、災害備蓄品を備えていきましょう

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました