スマホ決済アプリ大手3社のどこが一番便利かを徹底比較

人生報告書

政府がキャッシュレス決済を推進しています。
ポイント還元の高さやお得なキャンペーンで取り扱い各社も競い合っています。

私はクレジットカードを使っています。
ですがスマホアプリでのキャッシュレス決済もずっと検討していました。

スマホ決済がお得なのは分かります。
ただスマホ決済に関しては、いろいろ多すぎてどこがいいのかよく分からない。

取りあえず、よく見聞きする3社のスマホ決済を調べてみました。

スマホ決済アプリ3社を徹底比較

私がスマホ決済を使いたい理由の一つが、財布を持たないで買い物ができるという事。

  1. ちょこっと買い物するのにスマホで済んでしまう便利さ。
  2. 財布の中の現金やクレジットカードを取り出す手間もなし。

実際に私が使用するとしたらPayPayLINE Pay楽天ペイのどれかにしようと考えていました。
理由はよく使うコンビニで使える事と、ググるとこの3社がよく出てくる事

他にもたくさんの会社がありましたが、とりあえずこの3社で検討してみました。

ポイント還元のキャンペーンについては、各社いろいろ開催しています。
どこのキャンペーンがお得かは、スマホ決済を導入する時期や使う方の環境次第のところもあります。
そのため今回は検討対象から外しました。

スマホ決済3社の特徴

PayPay(ペイペイ)

  • ソフトバンクとヤフーの合弁により設立された会社。
  • YahooJAPAN IDがあれば登録は簡単。
  • ペイペイ残高とクレジットカード、どちらの支払い方法にも対応。
  • 残高チャージの方法が多彩(銀行口座、ATMなど)
  • Yahooショッピング、ヤフオクにてオンライン決済できる。
  • ヤフオクでの売上金を手数料無料で残高チャージできる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルを使用中でペイペイと連携させると「まとめて支払い」を利用してペイペイに残高チャージできる。
  • アプリ間で送金、割り勘ができる。
  • 不正利用に対する補償制度あり。
    原則全額補償。
スマホ決済利用者No1。
使える店舗やサービスが多いのも魅力でした。

LINE Pay

  • LINEを使っていればアプリをダウンロードする必要なしで利用可能。
  • 送金、割り勘などLINEを使った機能が充実している。
  • ポイントでLINEスタンプなどに交換可能。
  • 手数料を払えば出金も出来る。
  • インセンティブプログラム「マイカラー」使用金額によってランクアップしていく。
    使うほどにポイント還元率が変わる。
  • 一部の公共料金等の支払いにも対応、ポイントもつきます。
  • 不正利用に対する補償は原則上限10万円。
    それ以上の場合は個別対応。
LINEは日本でNo1のSNSツールで、国内使用率は言う事なし。
私も当然のように使っています。

楽天ペイ

  • 楽天のサービスで利用できる楽天ポイントが貯まる。
  • 楽天会員なら楽天IDで簡単登録。
  • 楽天カードで登録すればポイントが更にお得。
  • 楽天Edyでの支払いもできる。
  • 楽天キャッシュで送金、割り勘ができる。
  • 2020年春以降にSuicaの発行・チャージができるようになる予定(Android用アプリのみ)。
    チャージで楽天ポイントがつくのはお得。
  • 不正利用等があった時はクレジット会社の補償。
    楽天ペイとしては個別対応するとの事。
私が検討対象にした理由は、楽天市場を使う機会が多いから。
さらにSuicaと連携できるようになるのも魅力の一つ。

個人的に気になった点

PayPay(ペイペイ)

  • YahooJAPANカード以外のクレジットカードでの支払いではペイペイ残高還元率0%。
  • 残高チャージできるクレジットカードはYahooJAPANカードのみ。
  • YahooJAPANカード以外では、登録できるクレジットカードはVisaとMastercard。
  • ペイペイとクレジットカード両方のポイントの2重どりをしたいなら、選択肢はYahooJAPANカードのみ。
クレジットカードのブランドが絞られてしまうのは気になるところ。
還元率が0%になってしまうのなら、スマホアプリを使わないクレジットカードでの支払いと同じ事。

LINE Pay

  • クレジットカードでの決済ができないので、ATMなどでの残高チャージか銀行口座登録によるオートチャージが必要になる。
  • JCBでの支払いがしたいならLINE Payカードを作る必要がある。
クレジットカードからの支払いができないのは、個人的にはちょっとマイナス。
スマホアプリとクレジットカードのポイントの2重どりができません。

LINE Payカードはチャージ式のプリペイドカード。
スマホ一つで買い物したいのに、わざわざカードを作るのは如何なものか。

楽天ペイ

  • 楽天会員になる必要あり。
  • 楽天カード以外ではVisaかMastercardのみ。
  • JCBなどを使いたいなら楽天カードを作る必要あり。
  • 銀行口座による残高チャージは楽天銀行のみ。
    他にはラクマからのチャージはできる。
  • Suicaと連携しても、定期券やグリーン券の購入はモバイルSuicaが必要になる。
VisaとMastercard以外のブランドは、楽天カードを作る必要があるのは面倒。
Suica全部の機能を使うにはモバイルSuicaを使う事になる。

比較検討したポイント

クレジットカード登録について。

VisaとMastercardのクレジットカードなら、どの会社のカードでも登録はできる。
ただし還元率で差がつく。

JCBとAmerican Expressのブランドを使いたい時はペイペイならYahooJAPANカード、楽天ペイなら楽天カードを作る必要がある。

LINEペイはクレジットカードの登録ができない

利用上限金額について

3社ともに利用上限金額の設定がある。
これに関しては3社とも、一定期間で高額な買い物をしない限りは気にならない設定金額である。

その他

ヤフーとLINEは経営統合に向けて動いている。
いつかはペイペイとLINE Payが同じアプリになる可能性もある。

検討した結果

色々考えるとペイペイ楽天ペイを使うなら、をそれぞれの会社でクレジットカードを作るのがベスト

LINEペイは私の周りでのLINEの使用率も考えると一番便利そうなんですが、
クレジットカードの対応がないのがちょっと不満点。

そして何より、私が現時点でスマホ決済を使うにあたっての条件として
現在使っているJCBのクレジットカードのポイントも頂きたい」という事情がありました。

その事も踏まえて考えると・・・

どれも該当なし!

という結論に至りました。

スマホ決済アプリ3社のおすすめポイント

私の場合、使っているJCBカードを利用したいという希望がありました。
そのため今回調べた3社では対応できない事がわかりました。

ですがせっかく調べたので、3社のお薦めポイントを紹介します。
これからスマホ決済を考えている方の参考になれば幸いです

PayPay(ペイペイ)がお薦めな方

  • Yahooショッピングやヤフオクを利用する事が多い方。
  • すでにYahooJAPANカードを持っている方。
ペイペイを使おうと考えている方は、YahooJAPANカードは作っておくのは必須。

今後LINE Payと統合される可能性があります。
両方の良いとこどりができれば、文句なしのNo1になりそうです。

LINE Payがお薦めな方

LINEのヘビーユーザー(LINEスタンプなど頻繁に購入している)
グループなどでお金のやりとりが多い方(割り勘機能をよく使う方)

グループでの集金や割り勘が多い方は、LINEペイが便利だと思います。
国内でのLINEの使用率を考えると、初対面の方とでもすぐに割り勘できそうです。

ペイペイでも記載しましたが、ヤフーとの経営統合でアプリの一本化につながる可能性があります。

楽天ペイがお薦めな方

楽天経済圏を利用する機会の多い方(楽天銀行やクレジットカード、楽天市場やラクマ)

楽天はネット販売はもちろん銀行、保険、証券会社なども経営する巨大企業です。
楽天ポイントは、楽天のサービスで使うことが可能なポイントです。

楽天ペイを使うだけでポイントが貯まるのは大きなメリットでしょう。
その為にも楽天カードは必須のアイテム。

できれば楽天銀行にも口座を持ちたいところです。

まとめ

私の場合は「現在使っているクレジットカードのポイントも貯めたい」希望がありました。

そのため今回の3社に関しては保留になりました。
もう少し他の会社も調べてみてから再検討する必要がありそうです。

今回ご紹介した3社は、流石に大手だけあってお薦めできるスマホ決済アプリです。


いまだに現金払いの方へ。

キャッシュレス決済は便利でお得です。

この機会にぜひご検討を。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました