アラフィフの転職体験談、中年の転職に必要なのは準備と勇気

2019年5月13日

私は40代前半に勤めていた会社を辞めようと考え、必要な準備を始めました。ところが顧客の関係で突然会社を辞めなければならない状況になってしまいました。

準備もまだまだ整っていないなかで転職に動かなければならなかったアラフィフの私ですが、何とか新しい会社に就職する事ができました。

人生も半分を過ぎたアラフィフ世代でも、新しい人生にチャレンジする事は可能です。そんな方々の参考になればと私の体験を記事にしてみました。

スポンサーリンク

転職を考えるとき

転職する理由は人それぞれ違います。転職サイトなどでみかけるアンケートなどでは、以下のような理由が多いようです。

他にやりたい仕事がある

初めての就職ではあまり深くは考えずに、会社の大きさや評判などで決めてしまう事もあります。その会社で働き始めたら何か違和感を覚えてしまう。或いはもともと好きで始めた仕事であっても様々な経験を重ねていくうちに、他にやりたい仕事がみつかる事もあります。

今の給料に不満

会社が社員をどう評価しているのかの判断材料は役職と給料です。この二つは目に見えるものなので分かり易いと思います。仕事も順調。成績も残している。自分ではそう思っていても会社からの評価は違う事もあります。

会社の将来に不安がある

入社した時には前途洋洋にみえた会社も、何かのきっかけで業績悪化していくこともあります。私が学生の頃には考えられなかった銀行の倒産も、今では普通に起こりえます。

休みが少ない

どんなに仕事が好きでも24時間365日仕事ばかりでは、いつかはパンクしてしまいます。スポーツでもそうですが最高のパフォーマンスをみせるには充分な休養も必要不可欠です。家族との時間や趣味の時間も人生には必要です。

人間関係のゴタゴタ

会社は順調。仕事も面白い。ただあの上司がいなければ・・・社員からすればパワハラやセクハラをされたらたまったものではありません。上司からすれば何でもかんでもハラスメントで、仕事を頼むことも一苦労なんて事もあります。人の好き嫌いや相性の不一致はなかなかに難しい問題です。


転職への不安

では今の会社を辞めて新たな道を選ぶとします。しかしいざ転職しようとなると今度は不安な事ばかり考えてしまうのが、40歳を過ぎてからの転職です。

年齢

やはり一番の心配事が年齢です。
若いうちはやり直す時間もありますし企業側も若さの可能性をみてくれる事が多いです。しかしある程度の年齢を過ぎている、特に年齢が40歳以上で再就職してすぐ離職を繰り返している人を採用するのは企業側も警戒してしまいます。
また採用条件に年齢制限をしている企業も多々あります。

新たな人間関係の構築

例えば人間関係に悩んだ末に転職を考えたとします。うまく次の就職先が見つかったとしても、その会社の人間関係が良好であるとは限りません。もしかしたら今よりも悪い環境かもしれないです。

収入がゼロになる

転職活動がうまくいって再就職できれば、とりあえずはクリアできる問題です。ですがアラフィフともなると悲観的な考えのほうが多くなってしまいがちです。
もし再就職できなかったら・・・収入ゼロでは家族にも苦労をかけてしまいます。

退職前の準備



不安だらけのアラフィフの転職ですが、それでも今の会社を辞める覚悟を決めたとします。辞表を提出する前にしっかりと転職の準備をしましょう。

ちなみに私は会社を辞めようと考え始めてから、結果的には5年後に辞表を提出する事になりました。

貯蓄の確認

まずは現在の総資産額をきちんと把握しましょう。そして一か月にかかる生活費を算出します。奥様が働いている方ならば奥様の収入分は生活費から差し引いて計算しても良いと思います。
お子さんがいらっしゃる家庭ならば学費等も計算にいれます。年金や健康保険、市民税も自分で支払うことになりますので、計算に含める事を忘れないようにして下さい。

いざ無職となっても最低6か月は暮らせるだけの貯蓄(現金)があるのが理想です。貯蓄額に持ち家や自家用車などの資産は含めないように計算します。

私は少しでも足しになればとFXを始めました。紆余曲折ありましたが、僅かですが貢献してくれました。

再就職までの期限

会社を辞めてからいつまでに再就職するのか、期限を決めてから行動する事をお薦めします。
あまり考えずにダラダラしてしまうと復帰するのに時間がかかってしまいます。
家にこもった生活をすると外に出る支度をするのも面倒になってきます(私も経験者です)。

雇用保険の申請

いわゆる失業保険です。ある程度の収入を確保できます。
しかし離職の理由が自己都合の場合、給付制限が3か月あります。
初めての支給日まで雇用保険の申請から約3~4か月後になってしまいますので、前の項で書いた最低限の貯蓄(現金)が生活費として必要になります。

国民年金や健康保険の手続き

今の会社を退職後、すぐ次の日から新たな会社に就職が決まっている場合は必要ありません。もし一日でも間が空く場合には手続きが必要になります。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

退職前に転職活動スタート

アラフィフの転職で一番大切なのはこれだと思います

私は退職前に転職活動をする事ができなかったので、約7か月も無職の生活をしていました。ある程度の期間は仕事をしないで家族との時間を作りたいと考えていたので、計画通りと言えなくもありませんでした。



ですが今になって思い返すと安定した収入があるうちに、次の仕事(収入)を決めていた方が精神的には楽だったと思います。
正直に言うと不安に襲われる日もありました。やはり収入のあるうちに再就職先は確定させておいた方がいいと思います。その後にゆっくりすれば良いだけです。

転職活動

転職活動といってもいろいろありますが、ハローワークはぜひ利用する事をお薦めします。
在職中でも登録して活用する事が可能です。

ハローワークについてはこちら

民間の運営する転職サイトもフル活用しましょう。

転職サイトについてはこちら


他にも知人の紹介などで就職先を見つけたりする方もいます。

転職活動中の注意点

まだ新たな仕事が決まっていないと焦る気持ちは、私も体験したのでよく分かります。ですが転職は自分一人の事で済まない事も多々あります。

家庭の事

転職活動とはいっても家にいる事が多くなります。今まではやらなかった事も少しはやった方が家での居心地はよくなります。
炊事洗濯、掃除に買い物。家事って意外とやる事が多いです。子供がいると更にやる事は増えます。

ちなみに私は家族の食事や買い物、子供たちの弁当など7か月間やり通しました。おかげで飲んでダラダラしてても文句を言われなくなりました。

再就職した今も休みの日は食事だけは私が作っています。当然後片付けも一人でやってます。

面接での注意点

アラフィフでの転職。当然初めての就職活動とは違います。
面接に関しても新卒の面接と同じではありません。アラフィフにはアラフィフの面接の心得があります。

清潔感ある身だしなみで挑むのは絶対です。
とかく中年おじさんは臭い汚い言われがちです。髪を整え服装も爽やかに、ヒゲもきちんと手入れしましょう。鼻毛なんてもってのほかです。

希望はハッキリと伝える
給料や休みなどの希望はきちんと伝える事が大切です。アラフィフで転職というリスクのある行動を起こすのですから、自分の理想の転職をしたいところです。満額回答とはいかなくても少しでも理想の待遇に近づけるように努力するのは大切な事です。
どうしても折り合いがつかないようなら妥協点をどこにするかも考えておいた方がいいと思います。

背伸びしない事
すでに社会人として経験を積んできているアラフィフ世代。もう自分の限界も分かっていると思います。大きく見せようとしても周りにいる経験豊富な方たちはすぐに見破ってしまいます。等身大の自分をだして丁寧な姿勢で挑むのが一番いい方法だと思います。


転職に成功したら

良い巡りあわせがあってお世話になる会社が決まったら、できれば半年はその会社の評価はしないほうが良いと思います。

先輩や上司などからいろいろな話を聞くと思いますが、それは何年もその会社で働いている人たちの感覚であって、自分が感じたものではありません。
他人の評価を気にしてせっかく転職できた会社を否定する必要はありません。自分の目で見て肌で感じてから判断すればいいと思います。

会社に勤めるからにはどうしても人との関りが必要になります。その際に自分を隠して波風立たないようにするのは私は賛成できません。実際に私はやりませんでした。

せっかく新しい会社で新しい人間関係を築こうとしているのですから、自分を隠してまでいい恰好をする必要はないと思います。好きなことは好き、嫌なことはイヤと素直な自分をさらけだして、疲れない人間関係が築けたら最高だと思います。

それでも、どうしても新しい会社に馴染めなかったら、またゼロからやり直せばいいだけです。

まとめ

私は転職の準備段階で会社を辞める事になってしまいました。
もうすぐ50歳、家族の生活も守らなければならないなかで、何の確約もないなかで会社を辞めるという決断はかなり勇気のいる事でした。

それでも何とかなりました。給料は前職が安月給だったとはいえ1.3倍に増えました。残業もほぼゼロです。

今働いている会社がどうしても受け入れられない、そんなアラフィフの皆様。とんでもない高望みさえしなければ転職に年齢は関係ありません。

Left Caption
必要なのは準備勇気です。

ただし、どんな結果になろうとも誰かのせいにしてはダメです。
決断したのは自分です。すべてを受け止めましょう。

スポンサーリンク

こちらのサイトも運営中です。よろしければどうぞ!