始めてみますか?コインランドリー投資をお考えのあなたへ

コインランドリー投資人生報告書

コンビニの跡地にコインランドリーがオープンしている。
最近よく見かける光景ではないでしょうか。

戸建てやアパートなどの不動産投資に比べると、初期投資が少なく取り組みやすいので増えてきているようです。

果たしてコインランドリーにそんなに需要があるのでしょうか。
ぶっちゃけ儲かるのでしょうか。
調べてみました。

スポンサーリンク

コインランドリー投資をお考えのあなたへ

現在のコインランドリー事情

現在(2019年10月)コインランドリーの需要は右肩上がりだそうです。
これまでは独身男性が使うイメージだったコインランドリーもお洒落な外観や内装、待ち時間を退屈させない工夫もいろいろされています。

最近のコインランドリーは洗濯機に鍵が付いているので盗難の心配もありません。
そして短時間でふっくら仕上がるコインランドリー専用の乾燥機を使っているのでゴワゴワしません。

これはコインランドリーを利用する主体が、独身男性から共働きの家庭に変わってきたからだという事です。

  • 平日の昼間は旦那様も奥様も働いているので洗濯する時間がない。
  • 夜に洗って部屋干しも仕事終わりの疲れた体にはちょと辛い。
  • お休みにまとめて洗濯するにも晴れとは限らないし干すスペースも少ない。
  • クリーニング店より安い。

こんな事情から家事の負担を少しでも減らすため、コインランドリーを使う世帯が増えてきたようです。

コインランドリー開業の初期費用と開業後の利回り

開業までの初期費用は店舗の規模で変わりますが2000万円~といったところです。

全てを最初から揃えるとなると土地に建物に駐車場、洗濯機などの機器類や水道などの設備、内装、洗剤などの消耗品が主にかかる費用になります。

開業後の実質利回りは8~20%が相場のようです。

設備さえ揃えてしまえば後はお客様が機器を操作して完了するサービスですので、ノウハウもそれ程必要ありません。
大量に人を雇用しなければ回らない仕事でもありませんので人件費も抑えられます。

これは店舗の規模や集客状況によって利回りが大きく変わる事業ということです。

コインランドリー投資の有利な点

常に需要がある、景気に左右されない

洗濯物は生活をしていれば必ずでてきます。
アレルギー対策で毛布やカーテンなども洗うご家庭が増えていますが、コインランドリーならクリーニング店よりも安く仕上げることができます。

今後も利用する人は一定数は見込めます。

ランニングコストが少ない

初期費用はそれなりの金額が必要ですが事業が軌道にのってしまえば、必ず人を配置しなければいけない事業ではありませんので人件費が少なく済みます。
店内の清掃や消耗品の補充など、できる事は自分でやってしまえば人件費はゼロです。

機器の耐久性は優れていて20年くらいは使用できるという事です。
そのため修繕に掛かる費用も抑えられます。

継続的に掛かる費用としては水道光熱費、店舗や機器の修繕など維持管理費、洗剤など消耗品費等があげられます。

税制面での優遇

中小企業経営強化税制を利用できます。
新事業を立ち上げた際に申請して受理されると、即時償却か税額控除を受けることができ節税効果が大きくなります。

税制の専門家ではありませんので詳しくは記載しません。
気になる方は下記リンク先にてご確認下さい。
国税庁公式ホームページ

No.5434 中小企業経営強化税制(中小企業者等が特定経営力向上設備等を取得した場合の特別償却又は税額控除)|国税庁

コインランドリー投資の不利な点

立地がすべて

どんなに最新の洗濯機を使ってゴージャスな内装にしても、近くに必要とする人がいなければ収益は伸びていきません
わざわざ1時間もかけてコインランドリーを利用しにいく人は少ないと思います。
家の近くで及第点の店舗を見つけるでしょうし、とんでもなくダメなコインランドリーを見つける方が難しいでしょう。

立地条件の良い物件は皆が狙っています。

先に出店した方が有利

出店数は年々増加傾向にあります。
一度使って満足感が得られると、そう簡単に別の店舗を探すことはないと思います。
やはり少しでも早くリピーターを獲得した方が有利な事は間違いないです。

後からの出店でライバル店に勝つためには、最新の機器や利便性の高いサービスが求められますので初期費用も多めになってくるでしょう。

セキュリティーの問題

開業後は店舗に常駐で人を配置する事はないと思います。

機器の不具合での釣銭や盗難による金銭トラブル、お客様同士のトラブルなどが起きた時にいかに迅速な対応ができるのか。
対応次第では集客に悪影響を及ぼします。
24時間営業では深夜帯特有のトラブル(寝床代わりに使う人や酔っ払いなど)も発生します。

監視システムを導入するなどしてお客様が安心して使える店舗経営を考えていかなければなりません。

コインランドリー投資の形態

個人での開業

使っていない空き地などを所有していれば、そこにコインランドリーをオープンさせる事は可能です。

個人でコインランドリーを開業する際にはクリーニング屋の場合に必要になるクリーニング師という資格は必要ありませんのでハードルも低めです。
開店後の収益もすべて得ることができますし自分の土地で始めれば賃借料も掛かりません。

しかし店舗の建設や機材の調達、開店後の集客、アフターなど全て自分で行わなければなりません。

フランチャイズへの加盟

開業からアフターまでの手助けをしてくれるフランチャイズに加盟する方が素人には安心だと思います。

親会社へのロイヤリティーなどで費用が増えますが、最新機材の情報やライバル店の動向などもフランチャイズに加盟していれば手に入れやすくなります。

なにより開業後の機器の修繕やアフターに関して、相談できる場所がある安心感があります。

コインランドリー投資を成功させるには

実際どういったコインランドリーが成功しているのでしょうか。

人が集まる施設の近く

先にも記載しましたが、コインランドリー成功の秘訣は開業場所が全てといっても過言ではないようです。

スーパーや娯楽施設など人が大勢集まる施設の近くにあれば、ついでに利用するお客様も見込めます。
住宅街やマンジョンの近くなら子育て世帯の需要を見込めますし、大学などの近くも一人暮らしの学生などが見込み客になります。

そのため郊外型の店舗なら使いやすい駐車場の完備も必須です。

セキュリティーがしっかりしている

洗濯物が盗まれる事もそうですが、他人に洗濯物を見られるのは特に女性は嫌なものです。

洗濯機に鍵が付いているのは当たり前。
外からでも店舗の内の様子がわかるようにすることでお客様が入りやすくなり、外から見られるという意識が働き防犯対策にもなるようにしている店舗が多いです。
今の時代、防犯カメラの設置も必要不可欠でしょう。

そしてトラブルがあった時には迅速な対応が求められます。

独自のサービス

待ち時間に退屈しないサービスがあるとリピーターは増えます。

清潔な喫茶コーナーがあったり無料Wi-Fiがあったり。
小さなお子さん連れのお客様もいますので、キッズコーナーを作っている店舗もあります。

まとめ

ここからは完全に個人的な意見です。

例えば脱サラして個人で開業するというのは、成功しないという訳ではありませんが厳しい勝負だと思います。
かなりの覚悟が必要です。

条件に合いそうな土地を持っている、或いは資産に余裕があって節税対策したい方にはフランチャイズ加盟での開業ならお薦めできるのではないでしょうか。

初期費用がお高めになりますが開業後に自分で動くことは少ないですし、ランニングコストも少なく抑えることが可能です。
そして今後の需要がまだまだ期待できるサービスだからです。
資産家の方には何より節税対策になって収益もあがります。

不動産投資をお考えの方の参考になったとすれば幸いです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました