銀行が口座維持手数料を導入する理由は何?

銀行人生報告書

以前から大手銀行を中心に口座維持手数料の導入についての検討がされています。
最近もメガバンクで導入を検討しているというニュースがありました。

現在の日本の銀行では条件付きで導入している銀行もありますが、大多数の銀行は口座維持手数料は導入していません。
ですが今後はどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

口座維持手数料の導入について

海外の銀行では

日本では銀行の口座維持手数料はまだ一般的とはいえないと思います。
海外では口座維持手数料が導入されている銀行も多いようです。

アメリカでは一定水準の預金残高があったり毎月一定額の入金があれば無料、というパターンが多いようです。
ヨーロッパでも口座維持手数料が導入されている銀行が多いようですが、預金につく利息で相殺されるくらいの割合が多く実質負担は少ないようです。

なぜ口座維持手数料なのか

日本の銀行が口座維持手数料を導入する方向に動いている理由は何でしょうか。

休眠口座対策

銀行には何年間も動いていない口座があります。
休眠口座といわれるものですが、動いていない口座であってもデータ管理しなければなりません。
そのための管理費も銀行が負担しています。

こういった動いていない口座に維持手数料を導入することで、口座管理費の負担軽減や利用者の口座整理を促したいという考えもあるようです。

実際に休眠口座に対して口座維持手数料を導入している銀行はすでにあります。

日本銀行の金融政策

今の日銀による金融緩和策ではマイナス金利を導入しています。

この政策では民間銀行が日本銀行にお金を預けると、金利が貰えるのではなく逆に金利を支払わなければなりません
日銀に預けるよりも市場に資金を回して経済の活性化を促そうとする政策です。

かつては日銀から得られる金利が収入減の一つであった民間銀行も、今では預けるだけではお金が減っていく事になります。

新たな収入源を確保する為に口座維持手数料が検討されているという事です。

インターネット専業銀行の台頭

一昔前は考えられもしませんでしたが、銀行も経営不振で倒産する時代になりました。
そんななかでネット銀行という店舗を持たない銀行が現れました。

店舗を持った銀行では建物の維持や従業員の人件費など、店舗を持たないネット銀行に比べて費用が多く掛かります。
ネット銀行は店舗型銀行に比べて運営費用が少なく済み、顧客サービスに多くの資金を回せます。
そのため預金利息も店舗型銀行に比べて高いところが多いです。

これまで店舗型銀行を利用していた方が、新たなサービスを提供しているネット銀行をメインバンクに選ぶようになってきました。
銀行も利用顧客が減ってくれば当然収入も少なくなります。

実際に私の知人で住宅ローンの為だけにネット銀行の口座開設をした方もいます。
銀行にとって住宅ローンは重要収入源の一つではないでしょうか。

ネット銀行の登場で銀行間での競争も激しくなっているようです。

今後はどうなる

今後はどういった方向に動いていくのでしょうか。

今はメガバンクが中心に議論されているようですがどこか一行が導入を決めれば、右向け右の日本では各銀行がいっせいに導入に動き出すと思われます。

ただ日本では口座維持手数料にはかなりの反感が出てくると思われます。
それでも近い将来には大多数の銀行で、口座維持手数料を導入する事になると思われます。
ただし導入されるにしてもしばらくは、条件を満たせば手数料無料になる形をとると思われます。

もしかしたら「口座維持手数料は導入しない」という方針で動くネット銀行があるかもしれません。
そうなると益々サービスに差がついてしまいそうです。

ネット銀行が出始めた頃は懐疑的だった方も多いと思いますが、今ではネット銀行も一般的になってきています。

まとめ

日本ではお金は貯金するという考え方が主流でした。
今では政府が投資を推奨しています。

時代はどんどん変化していきます。
お金の活かし方も銀行の使い方も、よく考えなければいけない時代になりそうです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました