マイナンバーカードで最大5000円分のポイント還元はお得?

マイナンバーカードを持っていますか?
周りで持っているという方は、少ないのではないでしょうか。

今は持っていなくても困らないし、持っていても便利だとは感じません。
ですが今後は、マイナンバーカードを持っておくべきでしょう

マイナンバーカードがあると、ポイント還元されるようになります。

マイナンバーカードでポイント還元

マイナンバーの「通知カード」はだいぶ以前にお手元に届いていると思います。
通知カードマイナンバーカードは違います。

マイナンバーカードは申請しなければ貰う事ができません

2019年11月現在、マイナンバーカードの普及率は約14%だそうです。

確定申告をしている方や引っ越しの多い方などはあると便利だと思いますが、それ以外の方でマイナンバーを使う機会というのはそれ程ありません。

その為わざわざ申請してまで、マイナンバーカードを作る必要性を感じないのでしょう。

マイナンバーカードの利点

マイナンバーカードがあると、どういった利点があるのでしょうか。

  • 本人確認の身分証明書がわりになる
  • 行政手続きのオンライン申請
  • 国や市区町村等のサービスを受ける際に必要な証明書が、マイナンバーカード一枚で済む
  • コンビニなどで公的な証明書(住民票の写しや印鑑証明など)が受け取れる
  • インターネットで納税ができる(e-Taxなど)

上記のような利点がありますが、どれも頻繁に利用するものではありません

身分証明書として、マイナンバーカードを使う事はできます。
ですが現時点では、免許証や学生証、健康保険証があります。

住民票の写しや印鑑証明なども、頻繁に使うものではありません。

その為マイナンバーカードに必要性を感じる人が少なく、普及率が上がらないようです。

マイナンバーカードでポイント還元の詳細

マイナンバーカードを持っている方がキャッシュレス決済を使うと、ポイントが還元される制度を政府が発表しています。

2020年9月から2021年3月まで実施予定です。

現在行われているポイント還元制度が終わり、オリンピックが終わった後の景気対策とマイナンバーカード普及率アップを狙った政策だという事です。

一人当たり20,000円が上限で25%ポイント還元
最大5,000円分のポイントが貰えます。

マイナンバーカードでポイント還元を受けるには

ポイントをもらう為にはまずは、マイナンバーカードが必要になります。

マイナンバーカードの申請方法はこちら

しかしマイナンバーカードがあるだけではポイント還元は受けられません

マイナンバーカードを活用したポイント「マイナポイント」を貰わなければ、ポイント還元は受けられません。
さらにマイナポイントを貰う為には「マイナID」の登録が必要になります。

マイナIDの登録方法はこちら

そして電子マネーやQRコードなどに対応したスマホアプリやICカードなどに、マイナポイントが反映されて還元されたポイント分が使えるようになります。

けっこう面倒くさそうですね

ポイント還元の為にマイナンバーカードを作る価値がある?

実際にポイント還元目当てに、マイナンバーカードを申請する人は出てくるでしょうか?

上記にある別記事でご紹介した通り、マイナンバーカードの申請から受け取りまで、そしてマイナポイントを貰うためのマイキーIDの登録もけっこうな手間がかかります。

登録の手間と5,000円分のポイント還元。
天秤にかけて判断するしかないようです。

Suica(スイカ)も対応するようですので、電車通勤の方などは利用価値もありそうです。

マイナンバーカードへの個人的な意見

2021年3月からマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになるそうです。

マイナンバーカードの普及率を上げるためには、やはりこういった利便性を追求していく事の方が近道のような感じがします。

素人考えかもしれませんが公的な証明が必要なもの、
例えば運転免許証パスポートなどを、マイナンバーカードに組み込めれば利便性は更にアップしそうです。

やはり現状では利便性もなく、持っていない事で困る事のないマイナンバーカードを、かなり面倒な申請をしてまで用意しよう、とは思わないのではないでしょうか。

政府は「マイナンバーカードの普及率が低いからサービスの拡大は後」、という感じがしますが考え方が逆のような気がします。

まず先にサービスを充実させる

サービスに必要性と利便性があれば、マイナンバーカードを申請する人は増えると個人的には思います。

追記(2020年6月)

マイナンバーの通知カードが、2020年5月25日に新規発行等を廃止しました。

引き続きマイナンバーを証明するものとして使えますが、紛失してしまうと再発行は出来ません。

特別定額給付金のオンライン申請も、マイナンバーカードが必要でした。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言時の経験から、今後はあらゆる事のオンライン化(IT化)も進んでいきそうです。

早めにマイナンバーカードを作っておいた方が良さそうです。

まとめ

世界中でみても、日本のマイナンバーようなシステムが使われている国は多々あります。

ヨーロッパの国では、医療や福祉などが無料で受けられる国もあります。

マイナンバーが機能して行政サービスが充実している国もあれば、問題の起きている国もあるようです。

日本のマイナンバー制度は、どちらに向かっていくのでしょうか。

とりあえずポイント還元もありますし、申請するのもアリかも知れません。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました