第六話 料理、洗濯、掃除、買い物、主夫の仕事も大変です。

炊事、選択、掃除、家事は大変人生報告書

無職になって暇になるかと思いきやなんやかんやと用事ができ、転職活動もありそれなりにバタバタした毎日を過ごしていましたが、私はしばらく家庭に入る事になりました

これは子供の事情があったのと妻が仕事についているのでしばらくは何とか生活できるメドもあったからです。

私はもともと料理が趣味でした。料理歴は20年以上。毎日とは言いませんが週末の食事はすべて私が担当していました。ですので料理に関しては問題なし

子供達も週末に妻が作っていると「エッ!なんで作ってるの?」と失礼な事を言います。

私の料理は大雑把ですが無駄なく食材を使います。テレビでやっていた家〇え〇んを真似て一つの食材を使って3~4品は作っています。当然すべて味は変えます。

違う料理、違う味付けにしないとうるさいお客さま(妻と子供)ばかりなので

今後は私の作った料理も紹介していきます。見た目は汚いですが味は良いですよ。かなり大雑把な作り方ですが、これから料理を始めてみたいという中年おじさんには参考になるはずです。

料理でも作れれば少しは家庭に居場所ができますよ。当然、後片付けも私一人で全部やっています

洗濯は今までもやっていましたのでこれまた問題なし

問題は掃除

私はめんどくさがりで掃除に関しては月に一回の大掃除大会をすれば良し!普段はホコリ取りでサッと拭けば良しというタイプ。

対する妻は3日に一回は家中掃除機というタイプ。

まぁ折り合いません。これに関しては今でも折り合っていません。ただ風呂や窓枠のカビとりをしておいたら喜んでいました。これも家〇え〇んでやっていました。

ただいま無職、これで暇になるぞと思っていたのですが、家事って大変です。

世の中の仕事仕事の中年おじさんに一言。やらなきゃこの苦労は分からないと思います。正直、会社に行って働いていた時の方が楽でした。

忙しい一番の理由は時間を誰かに合わせなければいけない事です。しかもスケジュールとして決める事もまぁ無理です。

朝早く起きて子供の弁当に皆の朝食作り。子供は学校があり妻は仕事に行く。掃除、洗濯いろいろやって空いた時間で買い物を済ませ、一休憩と思ったら学校が終わり子供達が帰ってくる。汚れ物だらけだし腹も減っている。夕飯を用意していると妻も仕事から帰ってくる。帰ってくるなりどこかのおじさんのように「疲れた、疲れた」。

もう一度言います。やってみなければこの苦労は分かりません。最低でも三ヶ月やってみて下さい。会社へ行こうっ!・・・て思いますよ。

それでも慣れてくれば少しは時間が出てきます。そんな時ネットでみたのがアフィリエイトアドセンスといったネットビジネスの世界でした。

こんなビジネスの方法があるんだ・・・この時でした。思ってしまったんです。

なんか楽しそう・・・

第七話へつづく

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました